【意外と知らない!?米粉は小麦粉よりダイエットに◎?】私が小麦粉と米粉を使ったパンを食べなくなった理由

私の食生活のこだわり

こんにちは。78kgからマイナス24kgのダイエットに成功したトータルダイエットカウンセラーの大西ひとみです。

低糖質ダイエット、低糖質食、低糖質なものを聞くことも目にすることも多いですよね。賛否両々ありますが、私も低糖質な生活を心がけています。

中でもパン、パスタなどの小麦粉を使った食べ物は低糖質食を心がけている人なら誰しもNGであることはご存知だと思います。

ですが、米粉になるとなぜか安心感を覚える人は少なくありません。

米と米粉の違い

米と米粉の違い・・・単に粉末になったか、なってないないかだけだと思いがち。でも、この見た目の違いが体内で全然違う働きをしてしまうのです。

私は低糖質な生活を心がけています。なので、小麦粉使ったパン・米粉パンはほとんど口にしませんが、米(無農薬玄米)は口にすることが多いです。その理由は大きく3つあり、これが体内に入った時の大きな違いになります。

【理由】

1. 米は米粉より量を食べることができないのでカロリー摂取が下がる
2. 米より米粉の方がはるかに血糖値をあげる作用がある
3. 米粉パンには米粉以外の甘味や、脂質が含まれている

米粉は甘味料より血糖値をあげる

ダイエット中のあなたが、米粉パンとキャンディーがあったらどっちを食べますか?と聞かれたら、多くの人が米粉パンを選ぶでしょう。

実は、米粉は甘味料(砂糖)より血糖値をあげる作用があるのです。

血糖値をあげると言うことは、インスリン分泌が過剰になると言うことです。インスリン分泌が過剰になると当然脂肪蓄積されやすくなります。

つまり、甘味料より米粉の方が脂肪蓄積されやすい食べ物なのです。

グルテンフリーな生活を目的としている人、グルテンアレルギーな人の話は別として、ダイエット言う視点において見ると米粉は決して◎な食べ物ではないのです。

商品コンセプトに米粉を使っていないことを伝えている理由

2週間に1度お野菜が変わる季節のお野菜を使ったVEGGI de PAN

h+dietの商品のコンセプトに常に小麦粉・米粉を使っていないことを記載しています。その記載をみてよく聞かれるのが、米粉の何が悪いのか?ということです。

h+dietの商品は健康はもちろんですが、ダイエットをしたい人も安心して食べられるギルトフリーな商品をコンセプトにしています。

その点において、私にとって商品に米粉を使っていないということは重要なのです。

h+dietの商品VEGGI de PAN」はナッツの粉を使用し、甘味料・人工甘味料は一切使用せず、野菜70%以上を使って作っています。

ダイエットや低糖質な生活を心がけている方が安心して食べてもらえるよう、ホルモンアプローチを入れた商品がh+dietの商品なのです。

ダイエット目的で、米粉は甘いものをたべるよりマシ。大丈夫!と思って甘いものを我慢して食べていた方のお役に立てる情報であればよいなと思います。

See you soon!

この記事を書いた人
大西 ひとみ

78kgからマイナス24kgに成功したトータルダイエットカウンセラー。11年間アメリカロサンゼルスで活動後帰国。帰国後、雑誌、テレビ、商品開発、7冊の本を出版するなどなど様々なメディアで活動し、2017年より自身のブランドh+dietを立ち上げ2018年5月より東京都大田区でh+diet laboratoryをオープン。

大西 ひとみをフォローする

コメント