【特別な卵】VEGGI de PANで使っている卵の事知ってください。

商品のこと

こんにちは。78kgからマイナス24kgのダイエットに成功したトータルダイエットカウンセラーの大西ひとみです。

農家さん訪ねが趣味のようになっている私・・・ゴールデンウィーク早々、私が使っている卵を作っていらっしゃる農家さんを訪ねてきたのに、記事のアップまで相当時間かかりました・・・(笑)

なぜ卵にこだわるのか?

私がVEGGI de PANを販売するにあたって、野菜はもちろん、卵のことも勉強しました。卵の黄身の色のこと、卵の作られ方のこと・・・沢山調べました。

卵だけでなく動物性のものは野菜には使わないホルモン剤や成長剤が含まれていたり、ストレスの多い環境や衛生的な環境で育てられたものは私達のホルモンバランスに影響を及ぼすことや、アレルギー体質の原因をもたらす要素になったりすると考えらえれ始めて来ています。

また与えられる餌によっても栄養素が変わってきます。見た目は同じ卵でも食べた時後に身体に及ぼす影響は大きな差があるといろんな知識を得れば得るほど感じさせられました。

だから、ニワトリさんが育てられている環境、どんなものを食べて育っているのかきちんと自分の目で確認して自分が納得する卵を使いたかったのです。

今の卵に出会うまでにほんとにすごい数の養鶏場に問い合わせをしたんです。

こだわりの卵ってどんな卵?

私が探していた卵はこんな卵でした。私が学んだことから

1.広々としたゲージフリー(放し飼い)で育てられていること。
ニワトリさんがストレスフリーである事は、より質の良い卵を産んでくれることにつながります。
日本とアメリカやヨーロッパではゲージフリーの規則が全然違うようです。アメリカやヨーロッパは本当に「放し飼い」という育てられ方をしているそうですが、日本は、鳥インフルエンザが蔓延するからとかで放し飼いでも写真のような放し飼いの飼い方しか規則でできないらしいのです。
私が使っている卵を育てられている方曰く、実際は、きちんとストレスのない成長剤や抗生剤などを使わずに育てられたニワトリは鳥インフルエンザになる事は無いに等しいそうです。
またゲージフリーで育てられて居ない養鶏所のニワトリは規模にもよりますが、少なくとも1週間に4羽ぐらいが病気で死ぬのに対し、ゲージフリーで育てられたニワトリはよっぽど何か問題がない限りは死なないそうです。
2.有精卵であること
有精卵であることが栄養価などに影響する事は認められていませんが、なるべく自然な環境で育てる事がニワトリさんにとって良いと私が考えているからです。
3.無農薬・無化学肥料の野菜を食べさせていること
動物性のタンパク質を与えると卵を産む頻度が増えるそうです。そのため、動物性のタンパク質を与える場合が多く、野菜だけで育てられると産む頻度が落ちるそうです。
それでも、食品の中で(加工品除く)最も汚染されていると言われている動物性のものを与えず、遺伝子組み換えなどをしていない無農薬・無化学肥料の野菜を与えられたニワトリはより食べても身体に害のない卵を産んでくれるのは言うまでもありません。
4.ニワトリに抗生剤などを餌に混ぜたり、投与したりしていないこと
これらの投与はニワトリの免疫をより悪くするだけでなく、私たちが食べたときにそれが体内に入っていくことになります。
5.トウモロコシを食べさせていないこと
家畜で使われるトウモロコシの9割は輸入されたものです。遺伝子組み合えもされているでしょうし、使われている農薬もすごいものです。

お野菜だけを食べているニワトリさんが産んだ卵の黄身の色は薄い黄色

菜食主義のニワトリさんが産む卵は薄い黄色なんです。黄身が濃いく黄色い方が栄養があると思っている人も少なくないと思いますが、実際に現場を訪ねてそれは違うと再確認できた気がしています。

卵の黄身を濃い黄色にするためにはトウモロコシやパプリカなどを餌に混ぜ込んだりして濃い黄色の黄身にします。濃い黄色の黄身はなぜか美味しそうで健康に良さそうに見えますが実際のところは何が加えられて黄身が濃い黄色になっているのかわからないという不安があります。

これは私がVEGGI de PANに使っている、菜食主義のニワトリさんが産んでくれた卵です。このニワトリさんが産んだ卵の黄身ちょっと黄色い方です。自然に育てられているので、卵の色が凄く白かったりこんな感じで黄色味が強かったりします。

無農薬・無化学肥料の野菜のみで育ったニワトリさんの糞は全く臭くない

良い環境、自然に一番近い状態の餌を与えられて育てられたニワトリさんの糞は全く臭いません。
養鶏場って臭くて汚いというイメージがありますが、私がVEGGI de PANで使っている卵を産んでくれるニワトリさんの周りはどんなに近づいても全く臭い臭いがしません。むしろ可愛くて近づいて触りたくなるぐらい・・・(でも実際手を出したら突かれるので怖いです。(笑))
命に感謝し、環境を大切にし、口に入るものを考え、全てに最大の配慮をし、たくさんの勉強をされて無農薬・無化学肥料のお野菜と卵を育てられている太田さんの考えは私の考え以上のものを満たしてくれるものです。

無農薬・無化学肥料のお野菜と卵を育てられている太田さんご夫婦

実際に足を運んで学ぶ事は本当にたくさんあるといつも思います。
本当にたのしかったです。
この記事を書いた人
大西 ひとみ

78kgからマイナス24kgに成功したトータルダイエットカウンセラー。11年間アメリカロサンゼルスで活動後帰国。帰国後、雑誌、テレビ、商品開発、7冊の本を出版するなどなど様々なメディアで活動し、2017年より自身のブランドh+dietを立ち上げ2018年5月より東京都大田区でh+diet laboratoryをオープン。

大西 ひとみをフォローする

コメント