【糖質制限○か×か?】私が糖質制限をする理由は単に体重を落とすだけのためではない他のダイエット理由があるのです。

私の食生活のこだわり

こんにちは。78kgからマイナス24kg のダイエットに成功した大西ひとみです。

低糖質ダイエットは、今や主流のダイエット法となっていますね。低糖質ダイエットが流行る大きな理由として、低糖質ダイエットを始めると体内から水分が余分な水分が抜け体重が一気に落ちる事や、水分が抜けたことで体が引き締まって見えるようになることが挙げられます。それによって体重が減り、ダイエットに成功したことに喜びを感じるのは、その事実を知っている私ですらあります。

ですが、私が普段の生活の中で糖質をできるだけ摂取しないようにしているのは他にも理由があるのです。

炭水化物(糖質)1gに対して3gの水を体内で保持する

炭水化物は水分と一緒に体内で共存していて、1gの炭水化物に対して3gの水分体内で保持するのです。

低糖質ダイエットを始めると体重が急激に落ちるのは、今まで摂取していた炭水化物を減らしたことで体内で水分を保持できなくなってしまい、体外に排出されてしまうためです。

これはダイエットを始めるきっかけとしてかなりのモチベーションになります。でも、実際は脂肪が落ちたわけでなく、水分が体内から減っただけなので、短期的に実践しても簡単にリバウンドしてしまいます。

私が低糖質生活を続ける理由は単に目先の体重を減らしたい訳ではないのです。

低糖質な食生活については賛否両論あり、良い点、悪い点はあります。悪い点の例を挙げると、特に女性は年齢を重ね、更年期近い年になると糖質代謝が悪くなり、若い頃から糖質制限をしすぎるとこの時期を境に年を取るにつれどんどん糖質制限をしないと体型が維持できにくくなるという事実もあります。私自身それをつくづく感じている部分があります。それでも私が糖質制限を続ける理由は、糖質を摂取すると、より糖質を欲するという中毒性を糖質が持っていることが多くの研究からわかっているだけでなく、私自らの経験でも感じているからです。

実際に糖質摂取を減らすと食べたい欲求が減り、自然に食べる量が減る感じがします。

私が食生活で心がけている糖質制限生活とは

太りやすい体質と日々葛藤する私は、この4つを普段の生活で心がけ、低糖質な食生活を意識しています。

①パン、パスタなど精製された粉で作られた炭水化物はできるだけ摂取しない
②ケーキ、クッキーなど砂糖を使った食べ物はあえて購入しない。
③砂糖、はちみつ、メープルシロップ、ココナッツシュガーなど、いわゆる甘味料は調理の際一切使用しない。
④加工品を購入する際は必ずどのような甘味料が入っているかを調べるだけでなく、甘味料が使用されていない商品を購入するようにしている。

1日に必要な糖質量とは?

1日に必要な糖質量はその人のライフスタイルや、体質によって様々ですし、自分が理想とする体型によっても変わってくるのではっきりとした目安をお教えする事は難しい現実があります。

ですが、アクティブな生活を送っている人で、1日の消費カロリーが約2000kcal前後だと想定した場合、一般的にに必要な糖質はその約40%前後の800kcalに相当します。炭水化物1gが4kcalなので、200g前後になります。

私は糖質制限を意識した生活をしているので、1日の炭水化物の摂取摂取カロリーは約100g程度になります。

私の低糖質生活に欠かせないものとなったパン

私は実はパンが大好きです。でも、パンを食べると確実に太るだけでなく、さらに食欲を増してしまいます。一生懸命運動しても体重維持が難しくなってしまった私が食べ始めたのがVEGGI de PAN。毎朝欠かすことのできない食べ物です。

h+diet から販売しているVEGGI de PAN

パンとしてもスイーツとしても食べられるVEGGI de PAN小麦粉・米粉不使用でグルテンフリー、甘味料・人工甘味料不使用、保存料・添加物不使用、無農薬・無化学肥料の国産野菜使用、そしてなによりもVEGGI de PAN全体の70%以上が野菜でできているのです。

VEGGI de PANは私のオリジナルブランドh+dietから発売されている商品で、妥協一切なく作り上げた商品です。

定期便で購入するとお得になりますが、お試し用の商品ラインナップもあるので是非お試しください。

私はVEGGI de PAN生活を始めてから本当に食事量コントロールがしやすくなりました。

See you guys soon!

コメント